【今夜2月17日のいだてん】第7話 渡航費は自費 兄の返事なく困る四三に救いの神?

[ 2019年2月17日 08:00 ]

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第7話の1場面。家族から手紙の返事がなく、落ち込む四三(中村勘九郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)は17日、第7話「おかしな二人」が放送される。

 治五郎(役所広司)の口車に乗せられ、ストックホルムへの渡航費を自費で用意しなければならない四三(勘九郎)は、ワラにもすがる思いで資金援助の手紙を兄・実次(中村獅童)に出す。いよいよ出場選手としてオリンピックのエントリーフォームに名を連ねる四三と弥彦(生田斗真)。弥彦の豪邸で海外の食事マナーを学びながら、四三は三島家の冷めた親子関係を感じ取る。それは貧しくとも自分を応援してくれる家族とは全く異なる姿だった。しかし、兄からの便りが一向になく、四三は困り果てる。そんな時、目の前に救いの神が現れる!?

 大河ドラマ58作目。2013年前期の連続テレビ小説「あまちゃん」で社会現象を巻き起こした脚本家の宮藤官九郎氏(48)が大河脚本に初挑戦。オリジナル作品を手掛ける。20年の東京五輪を控え、テーマは「“東京”と“オリンピック”」。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から64年の東京五輪まで、日本の激動の半世紀を描く。“近現代大河”は86年「いのち」以来33年ぶり。

 勘九郎は「日本のマラソンの父」と称され、ストックホルム大会に日本人として五輪に初参加した金栗四三(かなくり・しそう)、阿部は水泳の前畑秀子らを見いだした名伯楽で64年の東京大会招致の立役者となった新聞記者・田畑政治(まさじ)を演じる。主演リレーは00年「葵 徳川三代」以来19年ぶりとなる。

 「昭和の大名人」と呼ばれる落語家・古今亭志ん生(1890〜1973)が物語をナビゲート。志ん生役にビートたけし(72)、若き日の志ん生・美濃部孝蔵役に俳優の森山未來(34)を起用。志ん生の視点が加わることにより、ドラマは重層的になる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月17日のニュース