お天気・木原実氏の娘・木原実優“月9”「トレース」でドラマ初出演「信じられない」父も大喜び

[ 2019年2月17日 17:19 ]

フジテレビ“月9”「トレース〜科捜研の男〜」でテレビドラマ初出演を果たす木原実優
Photo By 提供写真

 日本テレビ「news every.」のお天気キャスターを務める気象予報士の木原実氏(58)の娘で女優の木原実優(23)が、18日放送のフジテレビ“月9”ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(月曜後9・00)第7話にゲスト出演。テレビドラマ初出演を果たす。17日、番組公式ブログで発表された。

 累計40万部を突破した人気漫画「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」を原作にしたサスペンス。原作者の古賀慶氏は実際に鑑定をしていた科学捜査研究所(科捜研)の元研究員。月9初主演となった関ジャニ∞の錦戸亮(34)が陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野礼二、月9初出演となるサスペンスの帝王・船越英一郎(58)がベテラン刑事・虎丸良平、昨年10月クール「SUITS/スーツ」から月9連投の新木優子(25)が新人研究員・沢口ノンナを演じる。

 木原が演じるのは、ノンナと同僚・水沢英里(岡崎紗絵)の友人・坂上亜希役。合コンから事件のカギを握るシーンに登場する重要な役どころ。

 4歳からクラシックバレエを始め、17歳の時に中国・上海の名門舞踏学校に留学。帰国後は日本大学芸術学部演劇学科で学びながら小劇場の舞台に出演し、踊りだけでなく演技にも興味を持つようになった。

 今回のオファーに「信じられなかったです」と驚き。ドラマデビューに「舞台とは全然違う世界だと実感しています。共演させていただいた新木さんたちの一瞬にかける集中力を隣で感じて、本当に勉強になるし、刺激になっています」と心境を明かした。

 元舞台俳優だった父・実氏は「めちゃくちゃ喜んでいました」といい「やったなー!これからだぞ!!!厳しい世界だから、まずは何よりあいさつが大事だぞ!」とアドバイスをくれたという。

 今後については「会社員、医師、いろいろな役にチャレンジしたいです。舞台以外でも踊って演技するドラマなんていうのもいいですね。映画『ラ・ラ・ランド』みたいに」と抱負。憧れは森山未來(34)で「ダンスだけでの舞台から、テレビや映画でのお芝居まで幅広く活躍されていますよね。自分も森山さんの女性版というか…あんな風になりたいと思っています」と未来図を描いている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月17日のニュース