ソン・シギョン 韓国を代表する音楽祭で3年連続司会

[ 2019年1月7日 20:10 ]

ソン・シギョン
Photo By 提供写真

 韓国の人気歌手ソン・シギョン(39)が6日、韓国ソウル市内で行われた「第33回ゴールデンディスクアワード」で司会を務めた。3年連続の大役。バラードの帝王と呼ばれ、第一線の歌手として活躍する一方、抜群のトーク力で数々の番組で進行役を担ってきた。

 日本では昨春に本格的に活動をスタート。日本語は通訳なしで打ち合わせもできるレベルで、コンサートのMCでのユーモアあふれるトークは名物の一つとなっている。

 「ゴールデンディスクアワード」でもシギョンらしい安定した進行で韓国を代表する音楽祭を支えた。

 日本の音楽界では、昨年の活動で日本での知名度も上がってきたことを踏まえ「圧倒的な歌唱力のほかに明るいキャラクターが後押しして、今年は飛躍の年になりそうだ」との声が上がっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年1月7日のニュース