「チコちゃんに叱られる!SP」視聴率13・2% 同時間帯の民放特番に“完全勝利”!  

[ 2019年1月7日 10:17 ]

綾瀬はるか(左)とチコちゃん
Photo By スポニチ

 4日放送のNHK総合「チコちゃんに叱られる!×大河ドラマ『いだてん』新春スペシャル」(後7・30)の平均視聴率が13・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが7日、分かった。同時間帯の民放各局の特番すべての視聴率を上回った。昨年大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に出演するなどし“チコちゃん人気”がさらに高まったことが“勝因”とみられる。

 同時間帯に放送された日本テレビ「超問クイズ豪華俳優祭」(後6・30)は9・7%、テレビ朝日「列島警察捜査網THE追跡」(後7・00)は11・6%、TBS「ぴったんこカン・カン スペシャル」(後7・00)は11・8%、テレビ東京「TVチャンピオン極 新春スペシャル豪快!ログハウス職人選手権」(後7・00)は4・4%、フジテレビ「超ド級!世界のありえない映像大賞4」(後7・00)は9・9%だった。

 「チコちゃん…」(金曜後7・57、再放送土曜前8・15)は、昨年4月にレギュラー化されたクイズバラエティー。ちょっと毒舌な5歳の女の子、チコちゃんが投げ掛ける日常生活の素朴な疑問を大人の出演者に聞き、答えられないとチコちゃんが「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱りつける痛快なやり取りが幅広い世代に大ウケ。「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が司会を務め、お笑い芸人の木村祐一(55)がチコちゃんの声を担当している。チコちゃんの決め台詞「ボーっと生きてんじゃねーよ!」は「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間トップ10にも選ばれた。

 4日の「新春スペシャル」では、女優の綾瀬はるか(33)が6日にスタートした大河ドラマ「いだてん」で共演する俳優の阿部サダヲ(48)、俳優の生田斗真(34)とともに出演。番組冒頭から、チコちゃんのムチャぶりで事務所のオーディションでやった“ウサギのものまね”を披露するなどして番組を盛り上げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月7日のニュース