×

テレ朝 BTSのMステ取りやめに言及 今後の番組出演は否定せず「それぞれ個別に判断して」

[ 2018年11月27日 14:47 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の角南源五社長(62)が27日、東京・六本木の同局で定例会見を行い、9日放送の「ミュージックステーション」に出演予定だった韓国ユニット「BTS(防弾少年団)」の出演を取りやめたことについて言及した。

 編成担当の亀山慶二専務(59)は「総合的に判断した」とだけ説明し、多くは語らず。「ミュージックステーション スーパーライブ」への出演を含め、今後の同局の番組への出演は「出演はそれぞれ個別に判断していく」とした。

 BTSはメンバーが以前、原爆投下のシーンがプリントされたTシャツを着用しており、それが問題視された。番組公式サイトでは「着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」などと説明された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2018年11月27日のニュース