カイヤ 代理人弁護士を解任 離婚裁判の内容をしっかり説明されず強い不信感

[ 2018年10月18日 07:31 ]

カイヤ
Photo By スポニチ

 川崎麻世(55)とカイヤ(56)夫妻の離婚裁判で、30日に東京家裁で予定されていた第1回口頭弁論の期日が変更になった。川崎の所属事務所が17日、ファクスで発表した。

 カイヤが15日に代理人弁護士を解任。新たな代理人弁護士が就任したことから、準備期間が必要になったとみられる。カイヤはブログで「考え方の方向性の違いから、新たな弁護士の方とともに、大切な家族の絆のために進んでいくことを決めました」とした。

 カイヤは14日のブログで「このようなことになり、困惑しております」と心境をつづっていた。スポニチ本紙の取材では、代理人弁護士から離婚裁判の内容について、なぜかしっかりとした説明がなされていなかったため強い不信感を抱いたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年10月18日のニュース