滝クリいとこ 滝川英治が退院を報告「この残された命を大切に」昨年9月に脊髄損傷

[ 2018年10月18日 23:13 ]

俳優の滝川英治
Photo By スポニチ

 昨年9月のドラマ撮影時の自転車事故で脊髄損傷と診断され、闘病中の俳優・滝川英治(39)が18日、自身のブログを更新。事故直後から入院していた病院を退院したことを報告した。

 滝川は「新たなステージへ」のタイトルでブログを更新。「退院しました!」と報告し、「一日一日を無駄にしたくなかったし、毎日が闘いだったから、本当にあっという間に感じるよ」と入院生活を振り返った。

 「この経験で失ったものはとてつもなく多くて大きい。でも残してくれたもの、そして得たものもある」とし、周囲に感謝。「俺は一度死んだと思ってるんだ。だからこそもう二度と人を哀しませるような死に方はしたくはない。この残された命を大切にしたいこれからも皆様と一緒に歩いていく!」と決意を記した。

 滝川はフリーアナウンサー滝川クリステル(40)のいとこ。2002年から5年間、大正製薬「リポビタンD」のCMに出演するなど運動神経の良さでも知られ、ミュージカル「テニスの王子様」では手塚国光役で人気を博した。昨年9月15日、山梨県笛吹市の県道でBSスカパー!のドラマ「弱虫ペダルSeason2」の撮影のため自転車に乗り、縁石に衝突して転倒する事故を起こしてドクターヘリで現場から搬送され、すぐに手術を受けたものの脊髄損傷と診断され、闘病生活を送っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年10月18日のニュース