どうして…沢田研二 コンサート1時間前に中止 主催者「契約上の問題」

[ 2018年10月18日 06:30 ]

沢田研二
Photo By スポニチ

 歌手の沢田研二(70)が17日、さいたまスーパーアリーナで予定していたコンサートを開演約1時間前に中止した。主催者は「契約上の問題」と説明している。

 午後3時半に予定されていた開場が遅れ、客入り前の同4時前に主催者が中止をアナウンス。入場口などに「契約上の問題が発生したため、中止とさせていただきます」という貼り紙が貼られた。突然の中止に怒るファンもいた。

 沢田は7月から70歳記念の全国ツアーを開催中。この日はその埼玉公演で、所属事務所は「担当者とつながらず詳しいことは分かりませんが、主催者との契約トラブルと聞いています。本人の体調には問題はありません」と説明。21日に大阪狭山市で予定している次回公演以降は予定通り開催する意向という。

 コンサート業界の関係者によると、開場直前に中止になる理由は主に3つ。(1)主催者側に警備などで契約違反があった、(2)契約上、観客動員についての約束事が守られなかった、(3)本人の体調、という。沢田は04年10月、水戸市で開催予定だったコンサートを開演直前に中止したことがある。この時の主催者は「お客さんをたくさん入れることができなかった」と理由を説明していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年10月18日のニュース