蜷川有紀、びっくり!出会った日に猪瀬氏から“プロポーズ”「一緒に住んでもいい?」

[ 2018年10月18日 14:45 ]

結婚指輪を披露する猪瀬直樹氏と蜷川有紀
Photo By スポニチ

 婚約中の作家の猪瀬直樹氏(71)と女優で画家の蜷川有紀(58)が18日、文化放送「くにまるジャパン 極」(月〜金曜前9・00)に出演し、2人のなれそめなどを語った。

 「ダンテの神曲」をテーマにした絵画を描こうとしていた蜷川が知識人から意見を聞こうとしたところ、知人から猪瀬氏を紹介された。その後、猪瀬の事務所を訪ねると、初対面の猪瀬氏から「一緒に住んでもいいかな」と言われてびっくり。猪瀬氏は亡き妻と誕生日、血液型が同じだったことに運命を感じたそうで「直感に時間はいらない」と“プロポーズ”の理由を明かした。

 また、蜷川は叔父にあたる演出家・幸雄さん(享年80歳)についての秘話も披露。「叔父は演出中にとにかく怒鳴った。灰皿を投げたけど、役者に絶対当たらないように投げていた。当たったら大変。ある時、ハンバーガーを投げたら中身が飛び散って大変なことになった。そのあと、誰も始末してくれなくて、自分で後始末してすごく惨めだったって言っていました」と明かして、笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年10月18日のニュース