田中みな実 他人へ異常なまでの警戒心「だって、言わないもん!信用できないから」

[ 2018年10月18日 09:08 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(31)が17日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました 豪華女子会SP」(後7・56)に出演。極端すぎる他人への警戒心を明かし、共演者から「どんなつらい人生を送ってきたんだ」と同情される場面があった。

 番組では、お笑いタレントの渡辺直美(30)の自宅を舞台にトークを展開。社会学者の古市憲寿氏(33)が自身の誕生日について、自ら友人を100人集めてパーティーを開催したことを披露すると、田中アナは「逆に(食事などは)2人でしか行かない」と自身の人付き合いのスタイルを語り始めた。

 「3人とか4人とか(人数が)増えるほど、不信感が募っていくから」。根底にあるのは他人への不信感だといい、例に挙げたのが、多人数で食事などに行った際のケース。「誰々ちゃんって、ちょっと嫌だよね」との会話に「そうなんだ」と相槌を打つと「同調だと思われて、『嫌だ、って言ってたよ』って(なる)。女の子ってそういうのあるんですよ」。女性トークの“あるある”を語りながら、その人間不信ぶりを明かした。

 古市氏から「今、田中さんがすごい上手だなと思ったのが、2人で食事行った時の悪口も、自分ではなくて、相手が言ったっていう体になっているじゃないですか」と指摘されると「だって、言わないもん!信用できないから」と即答。田中アナの頑なな姿勢に、同席者から「どんなつらい人生を送ってきたんだろう、って…」との声が上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2018年10月18日のニュース