杉浦太陽、イクメンは「隙間産業」 “新米パパ”りゅうちぇるらに助言「とにかく楽しんで」

[ 2018年10月18日 14:59 ]

「イクメン オブ ザイヤー 2018」授賞式に出席した杉浦太陽
Photo By スポニチ

 俳優の杉浦太陽(37)が「イクメン オブ ザ・イヤー2018」の一般選出部門を受賞し、18日に都内で行われた表彰式に出席した。

 杉浦は2007年6月に元「モーニング娘。」のタレント、辻希美(31)と結婚。同年11月に第1子長女、10年12月に第2子長男、13年3月に第3子次男が誕生。辻は現在、第4子となる三男を妊娠中で、12月に出産予定。杉浦が受賞した一般選出部門は今年新設された部門で、子育て中(0〜6歳児)の既婚男女1100人へのアンケート結果(明治安田生命調べ)をもとに選出された“理想のイクメン”。杉浦は2012年(第2回)にも芸能部門を受賞しており、同賞で初の2度目の受賞となった。

 杉浦は「実は一度いただいていて、その頃はまだ2人目しかいなかった。4人目が控えている今、一般選出部門でもらえるのはとても光栄なこと。自分でも驚いています」と喜び。お笑い芸人の古坂大魔王(45)から「これから毎年生まれるから」と子だくさんをイジられると、杉浦も「毎年もらえるの?」と応じ、「頑張っているのは妻なので。助かってます」と妻に感謝した。

 自身の育児について「子供の数だけ育児は増えていく。どう妻のケアをするか、奥さんが旦那さんを育てないといけない」と持論を展開。「奥さんは子供の流れで動いているので、それを僕はどうサポートしていくのか。隙間産業です。奥さんは子供に関しては厳しいので、僕が緩和剤にならないといけないとは思う」と続けた。長女はダンス、長男と次男は体操教室に通っているといい、「下の子達はアクションやりたいっていうから、体操教室でバク転しています。血筋ですかな」とウルトラマン出身俳優らしく、さわやかに笑った。

 この日は、芸能部門のりゅうちぇる(23)、俳優部門の中尾明慶(30)、芸人部門の古坂らも登壇。りゅうちぇるは妻でモデルのぺこ(23)と16年12月に結婚、今年7月には第1子・リンクくんが誕生したばかり。パパ歴3カ月での受賞に「僕でいいの?すごい、当たり前のことって思っていたから恐縮でした」と苦笑し、「2人で子育てするから、(妻と)思い合って育児するのがイクメンかな」と話した。

 りゅうちぇるをはじめ、新米パパたちへのアドバイスを求められた杉浦は「とにかく楽しんでほしい。つらいを大変と思わずに」とアドバイスを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月18日のニュース