松本潤が 広島県庁で5000万円の義援金贈呈 嵐が始めたイベントの収益の一部

[ 2018年7月20日 16:23 ]

 「嵐」の松本潤が20日、広島県庁を訪れ、西日本豪雨の復興支援のため、義援金5000万円の目録を湯崎英彦知事に手渡した。東日本大震災をきっかけに嵐が始めたイベントの収益の一部で、県などが開設する義援金の専用口座に近日中に振り込まれるという。

 湯崎知事が「生活を再建するにあたってとても不安な状況。嵐の皆さんの気持ちをいただけるのは勇気づけられる」と謝意を述べると、松本は「一刻も早く平時の生活に戻れるよう、少しでも自分たちができることをやっていきたい」と継続的な支援を約束した。

 松本は広島市安芸区の避難所も訪問。握手や写真撮影に応じ「まだまだ暑いですが乗り切ってください」と被災者を励ました。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年7月20日のニュース