【明日7月21日の半分、青い。】第96話 菱本ちゃんが再登場 「喫茶おもかげ」で鈴愛に会い…?

[ 2018年7月20日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第96話の1場面。「喫茶おもかげ」で菱本(井川遥)に会う鈴愛(永野芽郁)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は21日、第96話が放送される。

 100円ショップ「大納言」で働き慣れてきた鈴愛(永野)はある日、店長の田辺(嶋田久作)に、もっと色々な物を売ってみたらどうかと提案。しかし、大納言はフランチャイズのため、決められたものを売る仕組みになっていることを知らされる。自分の思うようにならず納得のいかない鈴愛に、涼次(間宮祥太朗)は漫画家時代「オフィス・ティンカーベル」にいた頃の鈴愛は師匠の秋風(豊川悦司)に守られていたからこそ、創作活動に専念できたのだと諭す。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 【+α】女優の井川遥(42)演じる秋風の秘書・菱本が、第92話(17日)の鈴愛の結婚祝福ビデオメッセージに続いて再登場。「喫茶おもかげ」で鈴愛に会うようだが、どのような会話を交わすのか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年7月20日のニュース