“2代目座布団運び”毒蝮三太夫が歌丸さん偲ぶ「座布団に乗せて帰った」

[ 2018年7月5日 16:13 ]

毒蝮三太夫
Photo By スポニチ

 タレントの毒蝮三太夫(82)が5日、フジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)で、2日に慢性閉塞性肺疾患のため81歳で死去した桂歌丸さんとの思い出を語った。

 毒蝮といえば1967年から69年まで日本テレビの人気番組「笑点」の2代目座布団運びを務めて歌丸さんとは50年来の交遊がある。「これで笑点の最初のメンバーで残っているのはこん平ちゃん(林家こん平)だけだね」と、05年に多発性硬化症を患い、闘病中の林家こん平(75)の名前を挙げてしんみり。

 昔から歌丸さんは体重が軽かったので「俺が座布団に乗せたまま楽屋に連れて帰ったこともありました」とのエピソードも明かし「お酒も飲まない、とにかく真面目な方だったよ」と偲んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年7月5日のニュース