愛之助が新たな試み ファン投票で演目決定 永楽館歌舞伎

[ 2018年7月5日 17:06 ]

「生きている限り続けたい」と恒例の永楽館歌舞伎に力を込める片岡愛之助
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優・片岡愛之助(46)が5日、恒例にしている「第11回永楽館歌舞伎」(兵庫・豊岡市、10月18〜24日)の取材会を大阪市内で開き、初めて演目を「公募で決める」と発表した。

 過去10回、上演してきた「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」、「車引」、「鯉つかみ」など人気演目の中からファン投票で1位を決め上演する。10回の節目を終え「出し物にも困ったな、というのも正直なところですが、新たな試みとしてやってみたかった」と愛之助が発案。投票は松竹の歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」や、永楽館歌舞伎実行委員会へのファクス(電話0796―52―6033)などで11日まで受け付け、13日に発表する予定。

 また、先月28日に47歳の誕生日を迎えた妻で女優の藤原紀香の誕生会を行ったという愛之助は「(友人の)はるな愛ちゃんがめっちゃ頑張って歌とか歌ってくれて。すごい楽しかったですね」と、笑顔で報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年7月5日のニュース