山口達也 契約解除、TOKIO守るため“身引く”社長に直接電話

[ 2018年5月7日 05:30 ]

山口達也の契約解除を報告するファクス
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は6日、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され起訴猶予処分となったTOKIOの山口達也(46)と契約を解除したと発表した。山口がメンバーに提出していた辞表が同日にジャニー喜多川社長に託され、山口もジャニー社長に直接退社の意思を示した。TOKIOは解散せず、同日付で4人組となった。事務所はさまざまな問題を抱える山口の社会復帰へ向け、退社後も全面的にサポートを続ける。

 不祥事発覚翌日の先月26日に無期限謹慎処分となった山口。そこから10日後、急転直下の契約解除となった。

 山口以外のメンバー4人が2日に会見し、先月30日に5人全員がそろって話し合い、山口がメンバーに辞表を提出したことを明かした。ただ、この時点で辞表はリーダー城島茂(47)が預かっていることを語っていた。

 ジャニーズ事務所は報道各社に送ったファクスで「本日6日にメンバーの総意として辞表が社長に託され、当人からも別途、社長への意思表示があった」と説明。辞表を託された城島がこの日、ジャニー社長と協議を行い、受理する判断に至ったとした。山口の社会復帰に向けサポートを全面的に継続することは城島にも伝えられた。山口は入院先の病院から電話でジャニー社長に直接、強い退社の意向を伝えたとみられる。

 結論が6日になったのは、山口の出演番組を抱えるテレビ局など、判断を保留している関係各社が、山口の処分を受けてゴールデンウイーク明けから動ける状況になるための配慮もあった。ギリギリまで4人はTOKIOと山口の今後を案じ、辞意を受け入れる合意をした。

 この騒動による社会的影響の拡大も背景にあった。被害者が未成年だったことで、グループのイメージへ影響を及ぼす懸念もあった。ジャニーズ事務所が書面で、十分な処分とも見えた無期限謹慎を改めて「曖昧な形」と表現したことからも、もはや「山口の脱退」か「TOKIOの解散」でしか収束できない事態になっていたことがうかがえる。

 事務所は山口の辞意を「被害者の方への謝罪の念、引き起こした社会的影響力の大きさなどを自覚し、責任を取るという本人の強い決意」と説明したが、芸能関係者は「山口は“自分が身を引かなければ、TOKIOの存続が危うくなってしまう”との思いを強めた」と、ジャニー社長への“直談判”に至った心情を説明する。

 TOKIOは6日付で4人組となり、山口はTOKIOのメンバーではなくなった。「1人は5人のため、5人は1人のため」を合言葉に23年活躍してきたグループにとって苦渋の決断だが、全ては「TOKIOを守るため」の判断だった。

 ◆山口 達也(やまぐち・たつや)1972年(昭47)1月10日生まれ、埼玉県出身の46歳。88年にジャニーズ事務所に入り、94年にTOKIOとして「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。同年、NHK紅白歌合戦に初出場。97年に日本テレビ「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーを務め100キロを完走。08年3月に元モデルの女性と結婚し、2男をもうけたが16年8月に離婚。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年5月7日のニュース