「仮面女子」猪狩ともか 脊髄損傷で車いす生活に 「絶望」も前向く

[ 2018年5月7日 13:11 ]

仮面女子の猪狩ともか
Photo By スポニチ

 強風で倒れた看板にぶつかりケガをしたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)が、「脊髄損傷による両下肢麻痺」となり、今後は車いすでの生活を送ることになった。7日、グループの公式ツイッターで報告された。

 猪狩は日本各地で強風被害が発生した先月11日、東京都文京区の湯島聖堂で強風で倒れた木造の看板が直撃し、緊急手術を受けていた。公式ツイッターでは「自分の力で脚を動かす事が困難で今後は車椅子での生活となります。退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかを宜しくお願いします」と説明している。

 この日、猪狩も自身のブログを更新し、負傷した際の状況や現在の様子を報告。事故当日を「建物の大きな看板が倒れてくるのがわかりました。看板があまりに大きすぎてとっさに避けることはできませんでした。気付けば看板の下敷きになっていました」と振り返り、その後救急車で搬送。緊急手術を受け、集中治療室に入院、現在は高度治療室を経て一般病棟に入院中だという。

 「『脊髄損傷』その影響で両下肢麻痺。私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすらできなくなってしまいました。治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされました」と、厳しい現実も言葉に。それでも「体調・怪我は徐々に良くなり、今は自立した車椅子生活を送れるよう毎日リハビリに励んでいます」としっかり前を向いた。

 車いすでの生活となり「そんな状態の私に需要はあるのか。いったい何ができるのか。絶望しました」とつらい心境を明かしつつ、それでも「仮面女子としての活動を辞めるという考えに至ったことは1度もありませんでした」とも。家族や周りの支えに感謝の気持ちをつづり、「時間はかかるかもしれません。元通りは無理かもしれません。でも必ず笑顔で『久しぶり!』って元気な姿で皆さんに会いたいです。これからも猪狩ともかを見守ってください。そして一緒に歩んでいければ嬉しいです」と気丈に呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年5月7日のニュース