71曲全て「夢で逢えたら」盤誕生 大瀧詠一さん名曲CD4枚組に

[ 2018年1月19日 05:30 ]

大滝詠一さん
Photo By 提供写真

 ヒット曲「夢で逢えたら」だけが70曲以上も収録される異色のコンピレーションアルバムが誕生する。

 作詞作曲した大瀧詠一さん(13年死去、享年65)が生前「いつか出してみたい」と話していたことから、このたびソニーミュージックがレコード会社の垣根を越えて実現。4枚組み「EIICHI OHTAKI Song Book 3」として3月21日に発売する。96年にヒットしたラッツ&スターのカバーをはじめ76年のオリジナル版を歌った吉田美奈子(64)の42年ぶりのセルフカバーなどを収録する予定。

 注目の一曲は、昨年1月から活動を休止している「いきものがかり」の吉岡聖恵(33)のカバー。このほど1年半ぶりにレコーディングに臨んだ。歌声を聴かせるのは、休止前に出演した16年12月のTBS「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ」以来となる。

 ソニーによると、収録曲は現段階で71曲の予定。現在、許諾を取っている最中のものもあり、80曲を超える可能性もあるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月19日のニュース