坂上忍 小室哲哉に辛口「引退がけじめのすべてにはならない」

[ 2018年1月19日 14:09 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 看護師の女性との不倫疑惑報道のけじめとして、引退を発表した音楽プロデューサーの小室哲哉(59)について、俳優の坂上忍(50)が「引退がけじめのすべてにはならない」との持論を語った。

 19日のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演した坂上は「去年ぐらいから何かあると引退する人が増えた。引退というけじめのつけ方もあるのかもしれないが、(引退だと)復帰するのも自由なので、引退がけじめのすべてにはならないのではないかと思う」と話した。

 坂上の辛口コメントに、安藤優子アナウンサー(59)も「私もまったくその通りだと思う。今回の件と引退がどうつながってくるのか」と同意。小室が体調を崩していたことに理解を示しつつも「だからといって…、というところもある」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月19日のニュース