マーク・パンサー 小室引退で動揺も「グローブのともし火は消さない!」

[ 2018年1月19日 15:20 ]

マーク・パンサー
Photo By スポニチ

 看護師の女性との不倫疑惑報道のけじめとして、引退を発表した音楽プロデューサーの小室哲哉(59)について、3人組ユニット「globe」のマーク・パンサー(47)が19日のツイッターで「グローブのともし火は消さない!!!信じ続けて突っ走る!!!」と決意をつづった。

 小室の引退は電車の中での学生達の会話で知ったそうで「先生が引退…落ちる…」と動揺しながらも、「いやっ、落ちてはいけない!グローブのともし火は消さない!!!」と決意。「信じ続けて突っ走る!!!」と前を向いた。

 マークは昨年12月のイベントに出席した際に「小室さんに『globeの灯火を消すなよ』って言われてから、DJをやるようになった」と告白。「それまではglobeでラップをやっていたんだけど、灯火を消さないDJ運動を年間180本ぐらいやった」と1年を振り返っていた。

 マークの決意に対し、ファンからは「小室さんの力になってあげて下さい!」「globeはKEIKOさんの帰る場所でもあります!」などの激励や「僕もglobeの灯火は消さぬ様に、これからもずっと死ぬまで応援して行きます!」と同調するコメントが相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年1月19日のニュース