市村正親不満!?「8役だけどギャラは1人分」32秒早着替えも

[ 2017年4月7日 05:30 ]

ミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」の会見に登場した(左から)春風ひとみ、宮澤エマ、シルビア・グラブ、市村正親、ウエンツ瑛士、柿澤勇人
Photo By 提供写真

 市村正親(68)が6日、東京・日比谷の日生劇場で主演ミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」の取材会に登場した。

 英国が舞台のコメディー。1人8役を演じる市村は「8役だけどギャラは1人分」と冗談交じりに話し「今まで吸収してきたお笑いを全て出し切ろうと思っています」と意気込んだ。

 最短32秒での早着替えもあり、共演のウエンツ瑛士(31)は「僕がセリフを早く言うと30秒になってしまう」と脅かしていた。同所で8日から30日。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月7日のニュース