大竹しのぶ 平岳大と共演舞台 幹二朗さんが「息子をよろしくと」

[ 2017年4月7日 06:33 ]

舞台「フェードル」の囲み取材に出席した(左から)今井清隆、門脇麦、大竹しのぶ、平岳大、キムラ緑子
Photo By スポニチ

 女優の大竹しのぶ(59)が6日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで主演舞台「フェードル」(8日開幕)の公開稽古を行った。

 ギリシャ悲劇を題材に、アテネ王の妻フェードルの運命を描く名作。王子を演じる平岳大(42)は昨年10月に亡くなった父の平幹二朗さんが「いつかフェードルをできたらいいね」と言っていたと明かし、大竹は「お父さまの最後の舞台を見に行って、楽屋で“息子をよろしくね”と言われました」としみじみと話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月7日のニュース