AIがアイドル楽曲を作詞 仮面女子「電☆アドベンチャー」

[ 2017年4月7日 05:30 ]

パフォーマンスをする「仮面女子」のメンバー
Photo By 共同

 アイドルグループ「仮面女子」が6日、都内で、メンバーが描いたイラストを基に人工知能(AI)が作詞した楽曲「電☆アドベンチャー」を初披露した。電気通信大の坂本真樹教授との共同企画。メンバーが代表曲「超☆アドベンチャー」から思い浮かんだハートや小鳥といった絵を描き、赤や黄などに着色。コンピューターに取り込み、AIが関連する言葉を選び、作詞したという。

 歌詞には「ブルーの川をきらり染める」「白い川と落ち合うバラード」など詩的な表現が見られた。坂本教授は「AIは歌いやすさを考慮していないので心配だったが、違和感がなく感動した」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月7日のニュース