塚本高史 比嘉愛未にののしられ「とても怖かった」

[ 2017年1月20日 06:11 ]

NHK・BSプレミアムのドラマ「千住クレージーボーイズ」試写会に出席した(左から)比嘉愛未、小池徹平、塚本高史、北村有起哉
Photo By スポニチ

 俳優の塚本高史(34)が主演するNHK・BSプレミアムのドラマ「千住クレイジーボーイズ」(2月15日後10・00)の試写会が19日、東京・渋谷の同局で行われた。

 東京・北千住を舞台にしたヒューマン・コメディー。塚本は共演した比嘉愛未(30)の印象を問われ「ののしられるシーンがあって、とても怖かった。比嘉さんの中にああいう気質があるんですかね!?」と話した。比嘉は「違います」と笑顔で否定しつつ、塚本について「しんがある役者さん」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年1月20日のニュース