浅香あき恵“鼻の脂”あぶらとり紙「100枚を超えた」

[ 2017年1月20日 09:10 ]

「ミツバチアイドル・ハニーちゃん」の衣装で登場した浅香あき恵
Photo By スポニチ

 吉本新喜劇の浅香あき恵(60)が19日、大阪市内で「芸能生活40年記念 あき恵ちゃん祭り〜未来に向けてがんばルンバ〜」(3月25日・なんばグランド花月)の開催決定会見を開いた。

 おさげ髪に新喜劇で着用したお気に入り「ミツバチアイドル・ハニーちゃん」の衣装で登場。司会の西川忠志(48)から「還暦やのによく恥ずかしげもなく着られますね」とツッコまれると、「年齢を重ねながらも若さをキープしてるんです!」とアピールした。入団当初はマドンナ役を務めるも、今や“鼻の脂”をイジられるブサイクキャラ。「(鼻に浮いているのは)脂じゃない、汗なの!」と反論したが、忠志に「あぶらとり紙を何枚使ったら鼻の脂分が消えるか実験したら、100枚を超えた」などと暴露され、苦笑いした。

 同公演では、新喜劇や企画を全面プロデュース。お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(45)をゲストに迎える。大吉とは福岡県内で新喜劇公演を行った26年前からの付き合いで、「19歳の大ちゃんは“動くアクセサリー”やった」と若かりし日を回想しニンマリしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年1月20日のニュース