向井地美音 初のソロ公演で「AKBの先頭を走る」宣言

[ 2017年1月20日 08:30 ]

テニスラケットでサインボールを会場に打ち込む向井地美音
Photo By スポニチ

 AKB48の向井地美音(18)が19日、東京ドームシティホールで初のソロコンサートを行った。

 初センターのシングル「翼はいらない」を自身のギター伴奏で歌うなど計23曲を披露。2000人の観客を前に「もう“いい子ちゃん”でいるのはやめようと思う。AKBの先頭を走る人になりたい」と宣言した。さらに「AKBの20周年(25年12月8日)まで居続けたい。あと9年近くあるので何があるか分からないけど、それくらい本気。支え続けてくれたらうれしい」と語りかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年1月20日のニュース