氷川きよし アニソン初挑戦!「DB超」OP曲 作詞は憧れ森雪之丞

[ 2016年12月17日 12:00 ]

「ドラゴンボール超」のオープニング曲を担当する氷川きよし(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
Photo By 提供写真

 歌手の氷川きよし(39)がアニメソングに初挑戦することが17日、分かった。フジテレビ「ドラゴンボール超」(日曜前9・00)で来年2月5日から始まる新章「宇宙サバイバル編」のオープニング曲を担当する。

 作詞・森雪之丞氏(62)、作曲・岩崎貴文氏(40)による「限界突破×サバイバー」。氷川は「初めてアニソンに挑戦です!作詞は憧れの森雪之丞さんです。子どものころから雪之丞さんの歌詞に励まされて、29年生きてきたので、すごくうれしい気持ちとともに、緊張しながら楽しく歌わせていただきました」と感激。森氏は布袋寅泰(54)をはじめ数々のヒット曲やアニソンを手掛けている。

 氷川は「雪之丞さんワールド全開なロックなアニソンに仕上がっていますので、ドラゴンボールファンの皆さんをはじめ、多くの方に僕の新しい歌を聞いていただければうれしいです。楽しみにしていてください!」と手応えを口にし、アピールしている。

 「宇宙サバイバル編」は悟空に申し出により、全王様主催の宇宙対抗の武道大会「力の大会」が始まるが、それは宇宙消滅の始まりだった…というストーリー。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月17日のニュース