内場勝則、島木譲二さん悼む「できませんを言わない一流ホテルみたいな人だった」

[ 2016年12月17日 12:02 ]

島木譲二さんの訃報を受け、報道陣の取材に応じる内場勝則
Photo By スポニチ

 吉本新喜劇の島木譲二さん(本名濱伸二=はま・しんじ、享年72)の訃報を受け、同新喜劇座長・内場勝則(56)も「常に200%出す人。“できません”を言わない一流ホテルみたいな人だった」と惜しんだ。

 17日午前、大阪・なんばグランド花月の近くで報道陣の問いかけに立ち止まり、「ショックです」と語った。前日夜にマネージャーから知らされたといい、「ここ5年ほどあっておらず、病状や通院先などの状況が分かっていなかった」と驚きを隠せないようす。音信不通だったことに、「お笑いやってる人間は、笑ってもらってなんぼ。弱ったところを見せたくなかったのでは」と慮った。

 10月の井上竜夫さんに続く新喜劇を牽引してきたベテラン勢の悲報に、「ばたばたと連続…。普段は直接電話をして来ないマネージャーから連絡があると嫌な感じがする」と肩を落としていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月17日のニュース