「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子 ソチ国際映画祭で主演女優賞

[ 2016年12月17日 05:30 ]

ソチ映画祭で主演女優賞に輝いた松原智恵子
Photo By スポニチ

 ロシアのソチで10日から開催されていた第1回ソチ国際映画祭の審査結果が現地時間15日に発表され、日本から出品された「ゆずの葉ゆれて」(監督神園浩司)の演技が評価されて松原智恵子(71)が主演女優賞に輝いた。日本文化思想の啓蒙(けいもう)貢献作品賞も併せて受賞し、二重の喜びとなった。

 芸歴55周年を記念した作品は夫婦の絆と別れを丹念に描いた人間ドラマ。松原は本紙の電話取材に「ノミネートされただけでもうれしいのに海外で賞を頂けるなんて感激。スタッフや関係者のおかげです」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月17日のニュース