島木譲二さん 元ボクサーでこわもても…いつもニコニコ気遣いの人

[ 2016年12月17日 08:35 ]

島木譲二さん死去

死去した島木譲二さん
Photo By スポニチ

 【悼む】「ほんまに、こんなもんでよろしいか。紙面うまいこと埋まりますか」。吉本興業の大阪・なんばグランド花月のそばにあった喫茶店でインタビューした後は、いつもこんなことを口にする気遣いの人だった。

 元プロボクサーでこわもてだったが、照れ屋で小さなことにこだわらない大らかな性格。島木さんのことを悪く言う人に会ったことがない。先輩、後輩問わず誰からも慕われた。

 ボクサー引退後にスカウトされて吉本入り。36歳の新人だった。「この世界に入る時に“絶対けんかをしたらアカン”と高校の先輩に言われて、いまだにケンカしてませんねん」。そんな真面目なところも愛された。お客さんから「島木さん、写真」と頼まれると「へい、撮りましょか」と、自分のこととは気づかない天然なところもあった。

 米映画「ブラック・レイン」に出たことが自慢だった。周りによく「オーディションでパチパチパンチやギャグをやったら監督がナイスボーイ!って言うてくれましてん」と話していた。あの笑顔が忘れられない。

 舞台上でカンカンヘッドをやって頭をケガしても慌てることなく笑いに変えた。本当に吉本新喜劇が好きだった。ニコニコしながら「えらいすんまへん」と話す元気な顔をもう一度見たかった。(文化社会部デスク・森 俊幸)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月17日のニュース