「真田丸」異例演出に視聴者騒然、オープニング映像をエンディングで使用 

[ 2016年11月6日 21:04 ]

「真田丸」第44話「築城」のワンシーン。最強の砦「真田丸」から大坂を見渡す(左から)高梨内記(中原丈雄)、真田幸村(堺雅人)、真田大助(浦上晟周)(C)NHK

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第44話「築城」が6日放送され、タイトルバックなどが入るオープニング映像が、エンディングで使用された。大河で異例の演出にSNSなどでは驚きの声が広がった。

 真田丸オープニングのタイトルバックは、バイオリン奏者・三浦文彰さんがソロパートを演奏する服部隆之氏作曲のテーマ音楽がかかり、美しい情景で構成された映像と出演者らのテロップが流れる。この日の放送では「真田丸」の題字が映ったあとに、オープニング映像を“飛ばして”有働由美子アナウンサーのナレーションが始まった。

 インターネット上では「真田丸がいつもと違う」「オープニングのテーマ曲が聞きたかったのに、省かれた…」と視聴者がざわつく中、ドラマは進行。そして終盤のクライマックスで徳川勢を迎え撃つための砦(とりで)、六文銭ののぼりが多数掲げられた巨大な真田丸が完成する。高梨内記(中原丈雄)に「城の名はなんとします」と問われた真田幸村(堺雅人)が「決まっているだろう、真田丸よ!」と高らかに宣言した場面で砦の全景から「真田丸」の題字へと切り替わりオープニング映像とテーマ曲が流れた。

 エンディングに持ってきたタイトルバックの間に次回予告を挟むという計算づくしの演出に視聴者は驚嘆。「最後に持ってきたかあ。鳥肌立った」「真田丸が完成し、いよいよ最終編が始まるっていうことなのかな」「カッコ良すぎる」といった声が集まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月6日のニュース