ニホンカワウソの「しんじょう君」、ゆるキャラGP輝き称賛続々

[ 2016年11月6日 18:56 ]

 自治体や企業のマスコットキャラクターの日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2016in愛顔(えがお)のえひめ」が6日、愛媛県松山市の城山公園で行われ、高知県須崎市の「しんじょう君」が、四国開催の地の利も生かし、グランプリを獲得した。

 公式プロフィルによると、しんじょう君は須崎市の新荘川で、最後に目撃されたニホンカワウソ。絶滅危惧種に認定されているが、しんじょう君はカワウソの友達を探して旅をしているという。たまに帽子をとったクリクリの頭を見せてくれるところがチャーミングだ。

 早速ツイッター上では喜びの声が広がっており、「しんじょう君 四国での開催でグランプリ喜ばしい」「ぬぉぉーーー!!!しんじょう君が一位か!!!すごーーい!おめでとう!」「大好きだから嬉しかったあああ!高知県のゆるキャラがグランプリ優勝するなんて‥っおめでとうしんじょう君!!!」「しんじょう君の鍋焼き部分取り外し可能なのか…!」などと盛り上がっている。

 また、高知県出身のフリーアナ・上杉桜子さんは「しんじょう君すごいじゃん! これでもっともっと高知が注目されると嬉しいな」とつぶやき、高知に移住したフリーライターのイケダハヤト氏は、しんじょう君が住む須崎の名物を「・鍋焼きラーメン・うつぼのたたき・とれたて鮮魚・ダメになるまで飲みまくる人々 いいところです。特に「うつぼのたたき」は須崎で食べるべし!本場は違います」と紹介。早速地元PRに貢献していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月6日のニュース