「君の名は。」聖地・飛騨で初の上映会、市民ら1900人楽しむ

[ 2016年11月6日 18:17 ]

アニメーション映画「君の名は。」の上映会に訪れた市民ら=6日午後、岐阜県飛騨市

 大ヒット中のアニメーション映画「君の名は。」の舞台の一つとなったが、映画館がなく観賞できなかった岐阜県飛騨市で6日、初の上映会が開かれ、多くの市民やファンが作品を楽しんだ。

 劇場公開中の映画の上映会は異例だが、市民らの強い要望もあり、市が配給元の東宝と交渉。この日限りの3回上映が実現した。会場の市文化交流センターには延べ約1900人が訪れた。

 初回上映前に都竹淳也市長が「この機会を楽しんでほしい」とあいさつ。新海誠監督が「地元の皆さんがどう感じるのか楽しみです」と語るビデオメッセージも流れた。

 飛騨市の無職光家和雄さん(69)は観賞後「話自体が面白い。地元で見られてありがたい」と話した。同県高山市の中学2年中井歩胡さん(14)は「映像がきれい。飛騨弁も聞けてうれしかった」と満足そうだった。

 飛騨市には作中で登場した場所のモデルとされる図書館やバス停があり、多くのファンが“聖地巡礼”に訪れている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月6日のニュース