フジ社長 ベッキー番組復帰は「何も決まっていない」、スマスマは継続

[ 2016年5月27日 17:24 ]

ベッキー

 フジテレビの亀山千広社長(59)が27日、東京・台場の同局で定例会見を開き、先日、TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)でテレビ復帰を果たしたタレントのベッキー(32)が、同局でレギュラーを務めていたバラエティー番組「人生のパイセンTV」(日曜深夜0・30)に復帰するか聞かれると「何も決まっていないと聞いている」と話した。

 また、SMAPの解散騒動について、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が「解散はない」と明言したことについて、「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)を放送するテレビ局の社長としての思いを聞かれると「9月以降も予定通り続けていく予定でありますし、そういうシフトで番組も作っております」と言い、「安心したというよりは、そうだよなという感じで、何も変わらず我々はスマスマをより面白くするために今後作っていくだけです」と吐露。今年1月以降、番組内の企画「BISTRO SMAP」に観客を入れていないことについては「現場が番組を面白くするために、さらにSMAPの魅力を出すために考えているんだと思いますので、観客を入れる入れないという話は聞いておりません」と答えた。

 当初司会を予定していたショーンK氏の学歴詐称問題で降板し、モデルの市川紗椰(29)が1人で司会を務めるニュース番組「ユアタイム~あなたの時間~」(月~金曜後11・30)については「(テコ入れをする予定は)まったく僕自身は考えていません。始まって1カ月2カ月の段階で、しかもああいう状況で市川さん1人で頑張っていて、彼女も日々悩みながらやっているんだろうなあと思いますし、成長して彼女の色が出てき始めているであろうなという部分がいくつかありますので、今変えようという風には思っておりません」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年5月27日のニュース