野口みずきさん、引退後テレビ初出演 今後は…結婚願望明かす

[ 2016年5月27日 06:00 ]

関西テレビ「イキザマJAPAN」司会の小籔千豊と、引退後テレビ初出演の野口みずきさん

 2004年アテネ五輪の女子マラソン金メダリストで、3月の「名古屋ウィメンズマラソン」を最後に現役引退した野口みずきさん(37)が29日放送予定の関西テレビ「イキザマJAPAN」(月1回不定期で日曜前6・30)の収録にこのほど参加した。

 引退後のテレビ出演は初めて。現役時代はケガや不調に悩まされ続けたこともあってか、「走ることに対しての緊張感から解放されました。毎日、お酒も飲めるようになりました」と現在の心境を明かし、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 また、00年シドニー五輪女子マラソン金メダリスト高橋尚子さん(44)と泣きながら抱き合った引退レース直後のシーンが映し出されると感慨深げ。MCの小籔千豊(42)に「高橋さんにはずっと憧れていた。でも、気持ちを伝えると超えられないような気がして」とこれまで隠していた心情を打ち明けた。

 今後については「ランニングの面白さを伝えたい」としながら「解説者、指導者は向いていないと思う」と自己分析。「女性としての幸せはかなえたいですね」と結婚願望を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年5月27日のニュース