坂本龍一 最優秀音楽賞候補に 北米の放送映画批評家協会賞

[ 2015年12月15日 09:50 ]

 北米の放送映画批評家協会は14日、音楽家の坂本龍一が放送映画批評家協会賞の最優秀音楽賞にノミネートされたと発表した。

 坂本が担当したのは、レオナルド・ディカプリオが主演した映画「レヴェナント 蘇えりし者」の音楽。ドイツのミュージシャン、アルバ・ノト(本名カールステン・ニコライさん)と連名で候補に挙がった。来年1月17日に発表・授賞式が行われる。

 坂本はこの音楽で主要映画賞、ゴールデン・グローブ賞の作曲賞にもノミネートされた。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月15日のニュース