ミスチル歌詞盗作騒動 平浩二が初コメント「寝耳に水」「驚愕」

[ 2015年12月15日 05:30 ]

平浩二

 歌手平浩二(66)が14日、持ち歌「ぬくもり」の歌詞をめぐる盗作疑惑問題で、CD発売元の徳間ジャパンコミュニケーションズのホームページを通じて「寝耳に水」とするコメントを出した。

 11日に騒動が公になってから、コメントは初めて。10日夜に盗作を指摘されていることを知ったといい、「全く寝耳に水のことであり、本当にそのようなことがあるのか信じられませんでしたが、歌詞の内容は確かに酷似しており、大変驚愕(きょうがく)いたしました」とつづった。ファンらには「ご心配、ご迷惑をおかけした」として謝罪し、「今後とも変わらぬ応援をいただけますよう、心よりお願い申し上げます」と呼びかけた。

 徳間ジャパンは14日、CDを回収し、購入者に返金することを発表した。既に約4800枚を出荷したとしている。

 「ぬくもり」は沢久美氏(70)が作詞し、西つよし氏(58)が作曲。5月13日にシングル「愛・佐世保」のカップリング曲として発売された。

 今月10日、Mr.Childrenのヒット曲「抱きしめたい」(92年、作詞作曲桜井和寿)の歌詞に酷似していると指摘する匿名のメールが徳間ジャパンに届いた。♪出会った日と同じように…の歌い出しは同じ。1番の歌詞は「霧雨けむる 静かな夜」(抱きしめたい)の部分が、「霧雨の降る かがやく夜」(ぬくもり)と違う程度で、ほとんど同じ言葉が並ぶ。

 沢氏は周囲に「年齢的にミスチルは知らないし、抱きしめたいという歌も知らない」と盗作を否定している。関係者によると、「ぬくもり」は沢氏が平側に持ち込んだ歌だという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月15日のニュース