【年間TV出演本数トップテン】上位陣に変化 ブレーク1位は厚切り

[ 2015年12月15日 11:50 ]

「年間テレビ出演本数ランキング」で初の女王に輝いた小島瑠璃子と3位に躍進したハライチの澤部佑

 メディアの調査・分析を行うニホンモニター(東京都港区)は15日、1~11月のテレビ番組出演者データを基に「2015タレント番組出演本数ランキング」を発表。TOKIOの国分太一(41)が昨年と同じ653本で史上2人目の2連覇を達成した。2位バナナマン・設楽統(42)の556本に約100本差をつける圧倒的な強さだった。ハライチの澤部佑(29)が昨年圏外から一気に初のトップ3入りと大ブレーク。女性は小島瑠璃子(21)が初の年間女王に輝き、男女通じても7位に食い込んだ。

 単独出演本数とグループ出演本数は合計した。

 トップテンは以下の通り(カッコ内は昨年)。1位・国分太一=653本(1位=653本)2位・設楽統=556本(2位=616本)3位・澤部佑=458本(圏外)4位・加藤浩次=456本(4位=492本)5位・坂上忍=455本(10位=416本)6位・有吉弘行=452本(3位=516本)7位・小島瑠璃子=429本(20位=373本)8位・春日俊彰=421本(5位=439本)9位・後藤輝基=419番組(7位=434本)10位・博多大吉=411本(18位=384本)。

 昨年と今年の差が大きかった「ブレークタレント」は厚切りジェイソン(29)がトップ(昨年0本→今年153本)。昨年10本→今年129本のとにかく明るい安村(33)昨年6本→今年118番組のクマムシ、昨年2本→今年107本の8・6秒バズーカーら続き、スポーツ界からは篠原信一(42)が昨年19本→今年161本、前園真聖(42)が昨年69本→174本と大幅増となった。

 同一タイトルは複数回放送されても1本としてカウントする「2015テレビ番組出演タイトル本数ランキング」は鈴木奈々(27)が135タイトルで1位に輝いた。

 【調査概要】
 ▼調査項目:タレント番組出演[のべ]本数(出演番組の放送回数分をカウント):タレント番組出演[タイトル]本数(同一タイトルは複数回放送されても1本としてカウント)
 ▼調査期間:2015年1月1日~11月30日
 ▼対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
 ▼グループ出演と個人出演の合算集計▼アナウンサーは対象外▼通販番組出演者は対象外▼再放送番組は対象外▼ナレーション出演は対象外

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年12月15日のニュース