堺“幸村” 前作「花燃ゆ」は視聴率低迷も「損得考えない」

[ 2015年12月15日 05:30 ]

NHK大河ドラマ「真田丸」試写会に出席した堺雅人

 来年1月10日にスタートするNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の初回完成試写会が14日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の堺雅人(42)が出席した。

 「船出の時がようやく来た。これから荒波にもまれ、いろんな所に行くので、一緒に航海を楽しんでいただければ」と笑顔。前作「花燃ゆ」は歴代ワーストタイの平均視聴率だったが「真田幸村が残したとされる言葉に“損得を考えない人間が一番怖い”というのがある。あまり損得ばかり考えると縮こまったつまらないドラマになってしまう。自分たちが面白いと思うものを一生懸命やりたい」と語った。

 また、「(同局の特番で共演した)タモリさんが“村人の役で出たい”とおっしゃっていた。ひょっとしたらお出になるかも」と話した。ナレーションは同局の有働由美子アナウンサー(46)が担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月15日のニュース