奇跡のコラボにたかみな「やっていいんだ」百田「ファンみたいな感覚」

[ 2015年12月15日 06:05 ]

リハーサルで息の合ったパフォーマンスを披露するAKB48とももいろクローバーZのメンバー

 16日にフジテレビで放送される「2015FNS歌謡祭 THE LIVE」(後7・00)のリハーサルがこのほど行われ、豪華アイドルメドレーに参加するAKB48とももいろクローバーZがそれぞれ意気込みのコメントを残した。

 今回の目玉企画でもある、グループの垣根を超えたアイドルコラボメドレー。AKB48グループ、乃木坂46・欅坂46の46グループ、ももいろクローバーZ・私立恵比寿中学・チームしゃちほこのスターダストグループ、モーニング娘。’15・℃-ute・アンジュルムのハロプログループとアイドル3大グループが総出で同じステージに立つ。

 初のコラボにAKB48初代総監督の高橋みなみ(24)は「やっていいんだ、と(驚きました)。別に敵対心とかは持っていなかったんですけど、アイドルという中でライバルという立場だったので」と驚きを表現。渡辺麻友(21)は「うれしかったと同時に、できるかなと不安で…。体力的に…(笑)。ももクロちゃんは運動神経が抜群で…」と不安も口にしたが、日を重ねて徐々にフィットしてきているという。

 一方ももクロメンバーは「私たちはアイドルさんが大好きで、自分たちも同じ仕事をしていますが、実はファンみたいな感覚なので、すごくうれしかったです」(百田夏菜子=21)「私たちはももクロなので他のアイドルさんになることはできないんですけど、(このコラボで)AKBさんとかモー娘さんに入ったような気持ちが持てて、うれしかったです」(有安杏果=20)と“奇跡のコラボ”を喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年12月15日のニュース