ふかわりょう持論「マツコさんはミッキーマウスになった」

[ 2015年12月15日 07:10 ]

マツコ・デラックス(左)とふかわりょう(C)テレビ朝日

 タレントのマツコ・デラックス(43)が夜の街を歩き回るテレビ朝日の「夜の巷を徘徊する」(木曜深夜0・15)にタレントふかわりょう(41)が出演。17日、24日放送回で“案内人”として自由が丘を紹介する。

 マツコがあてもなく徘徊(はいかい)し、その地で出会った人々と交流するというコンセプトの番組だが“案内人”が登場するのは初。TOKYO MX「5時に夢中!」で長くマツコと共演し、自由が丘に長年住んでいることから、ふかわが“大役”を務めることになった。

 オシャレなカフェで2人向かい合ってコーヒーとパンケーキを楽しむ、相合傘でクリスマスツリーの横を歩くなど恋人さながらの場面も。ふかわは今回のロケで「マツコさんはミッキーになられた」と感じたのだという。その理由は「すれ違う方々や周囲の皆さんがマツコさんにかける声に高さ、周波数がディズニーリゾートでミッキーマウスにかけるそれと同じ」だから。普通の芸能人とは違う存在になったのだと力説した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月15日のニュース