年間TV出演本数 国分2連覇 こじるり初の女王 ハライチ澤部3位躍進

[ 2015年12月15日 10:30 ]

「年間テレビ出演本数ランキング」で初の女王に輝いた小島瑠璃子と3位に躍進したハライチの澤部佑

 メディアの調査・分析を行うニホンモニター(東京都港区)は15日、1~11月のテレビ番組出演者データを基に「2015タレント番組出演本数ランキング」を発表。TOKIOの国分太一(41)が昨年と同じ653本で史上2人目の2連覇を達成した。2位バナナマン・設楽統(42)の556本に約100本差をつける圧倒的な強さだった。ハライチの澤部佑(29)が昨年圏外から一気に初のトップ3入りと大ブレーク。女性は小島瑠璃子(21)が初の年間女王に輝き、男女通じても7位に食い込んだ。

 単独出演本数とグループ出演本数は合計した。

 土曜編集長を務めたフジテレビ「すぽると!」を2014年で卒業した国分はMCを務めるTBS「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)やフジテレビ「国分太一のおさんぽジャパン」(月~金曜前11・25)という帯番組で抜群の安定感。グループとしてもバラエティー番組や音楽番組などで幅広く活躍。設楽(12~13年)に続く史上2人目の2連覇を成し遂げた。

 3位の澤部は帯番組のMCこそないものの、今年に入り、新番組やドラマが10本スタートしたことが躍進の要因。2011年から4年間、3位以内をキープしていた有吉弘行(41)が6位に後退。4月期からフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)の毎日MCを務める坂上忍(48)は昨年10位から5位にジャンプアップ。上位陣の顔ぶれ・勢力図が大きく変わった。

 初のクイーン・こじるりは昨年373本から429本と50本以上増加。TBS「S☆1」(土曜深夜0・30、日曜深夜0・00)をはじめ、4月にスタートしたTBS「サタデープラス」(土曜前8・00)のメーンキャスターを務めるなど、飛躍の1年になった。昨年、女王のオアシズ・大久保佳代子(44)は男女通じて17位だっただけに、7位に食い込んだ小島の活躍が際立った。

 【テレビ番組出演本数1位】(ニホンモニター調べ)
 2010年=オードリー(507本)11年=有吉弘行(499本)12年=設楽統(611本)13年=設楽統(615本)14年=国分太一(653本)15年=国分太一(653本)

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年12月15日のニュース