「ごちそうさん」期間平均 過去10年で最高22・3%

[ 2014年3月31日 10:26 ]

「ごちそうさん」の最終回鑑賞後に感極まる杏

 29日に最終回を迎えた杏(27)主演のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の全156回の期間平均視聴率が22・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが31日、分かった。最終回は21・3%だった。

 初回22・0%と上々のスタートを切った同作。関東地区で初回視聴率が22%台となったのは、2003年放送の「こころ」(22・5%)以来で、過去10年で最高だった。その後も、期間内最高視聴率だった27・3%(昨年10月13日放送、第15話)を筆頭に、多少の前後はありながらも好調に推移。スタート以来、全25週を通じて週間視聴率21%を超える好成績を収めた。期間平均でも近年の大ヒット作「あまちゃん」(2013年、20・6%)や「梅ちゃん先生」(2012年、20・7%)を大幅に上回り、過去10年で最高となった。

 期間平均が22%を超えたのは、2002年前期「さくら」(23・3%)以来で、2001年前期に放送、シリーズ化され、続編もパート4まで制作された国仲涼子(34)主演の「ちゅらさん」の22・2%をも上回った。

 TBSの大ヒットドラマ「JIN―仁―」を手掛けた森下佳子氏が脚本を担当した朝ドラ89作目。大正・昭和を舞台に、東京の洋食店に生まれた食いしん坊のヒロイン・め以子(杏)が偏屈な大阪男・西門悠太郎(東出昌大=26)のもとへと嫁ぎ、手料理で家族を支えていく姿を描いた。キムラ緑子(52)演じる義姉とめ以子の“いけず”バトルも話題を呼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月31日のニュース