元いいとも青年隊の岸田健作も終了惜しむ「終わってしまた~」

[ 2014年3月31日 15:09 ]

元いいとも青年隊の岸田健作

 元いいとも青年隊の岸田健作(35)が31日、自身のツイッターでフジテレビ系「笑っていいととも!」の終了を惜しんだ。

 この日、テレフォンショッキングのコーナー出演したビートたけし(67)が司会のタモリへの「表彰状」として読み上げた文章の中に「K田健作」として登場した岸田は「…ビートたけしさんに名前どころか元ホームレスしてた事までw(°O°)w ありがとうございます」と感謝。そして「いいとも終わってしまた~(T_T)」と涙する顔文字付きで胸中を表現した。

 岸田は1997年3月から2000年まで小笠原秀春とともに10代目いいとも青年隊を務めた。その後、バラエティーを中心に活動したが、芸能界を引退し、一時期、ホームレス生活をしていたことがあった。

 現在は俳優、タレント、アーティストと幅広く活動。29日には、昨年10月に交通事故で亡くなった桜塚やっくん(享年37)が所属していたバンド「美女♂men Z」のメンバーと新バンド「Rovimen Z(ロヴィメンゼット)の結成を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月31日のニュース