広島・栗林 盤石12試合連続29セーブ目 「家族も応援に来てくれる」生まれ故郷・愛知で大台達成だ

[ 2021年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   広島7-3中日 ( 2021年10月6日    バンテリンD )

<中・広24>最後を締めてセーブを挙げ、雄叫びを上げる栗林(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島・栗林が12試合連続となる29セーブ目を挙げた。

 4点優勢の9回。1死からケムナが連打を浴びセーブシチュエーションとなったところで、救援した。「ピンチだったので落ち着いてはなかったですが、先頭打者は今まで以上に集中して入れました」。言葉通りに高松を3球で空振り三振に退けると、岡林からも空振り三振を奪い試合を締めた。

 7日は今季敵地最終戦。生まれ故郷で節目に王手をかけ「マツダで決めるのも良いですが、家族とかも応援に来てくれる」と達成を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月7日のニュース