ソフトバンク 自力CS消滅 マルティネス11Kも援護なく今季12度目零敗 工藤監督「勝っていくしか」

[ 2021年10月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0-5楽天 ( 2021年10月6日    ペイペイD )

<ソ・楽21>7回2死一、二塁、岡島に2点適時二塁打を浴びるソフトバンク・マルティネス(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは6日、3位の楽天に0―5で敗れ、自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。ニック・マルティネス投手(31)は7回途中3失点で自己最多タイの11奪三振と力投したが、打線が援護できなかった。今季12度目の零敗。チームは引き分けを挟んで今季ワーストタイの5連敗で借金3となり、楽天とは4ゲーム差。崖っぷちに立たされた。

 5点差で8回裏の攻撃が終わると観客はグラウンドに背を向けて帰路へつきだした。零敗は今季12度目、10月だけで3度目だ。自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性がなくなった。

 楽天2連戦で、リーグ連覇、5年連続日本一は大きく遠のいた。それでも試合後、会見場の工藤監督は気丈に、努めて明るく振る舞った。

 「結果は、しょうがない。僕らが選んで(選手を試合に)出しているのでこちら側の責任です。またゲームは続くので下がった分だけ前に進みましょう」

 チーム最多9勝の勝ち頭、マルティネスの6回2/3、3失点の粘りと力投に、6安打の打線が応えられなかった。

 1点を追う2回1死一、二塁で8番リチャード、9番甲斐が凡退。4回1死満塁でも8、9番コンビは痛恨の空振り三振と右飛。それでも指揮官は「リチャードをあそこで交代させる選択肢はないです」と淡々と言った。

 命運を分ける直接対決はツキにも見離された。3回先頭で牧原大が敵失で出塁も続く三森が遊ゴロ併殺。6回先頭で柳田が内野安打で出塁もデスパイネが二ゴロ併殺。スタンドからは、熱を帯びたため息しか漏れてこなかった。

 これで直接対決4試合を残す3位の楽天に4ゲーム差を付けられた。2カード連続負け越しで、引き分けを挟んで今季ワーストタイとなる5連敗。借金も再び3に戻った。

 残り14試合。まさに崖っぷちに追い込まれた。精神的、肉体的な疲労を抱えたまま、きょう7日から敵地で西武戦。指揮官は「我々は毎日が大切。1敗は、2歩後退なので後退した分は試合の中で勝っていくしかない」。かたくなに、前と上だけを見ていた。(井上 満夫)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月7日のニュース