野村謙二郎氏 広島・中村奨は同点の場面でよく結果出した 1軍で初めて務めた捕手もいい経験に

[ 2021年5月20日 06:00 ]

セ・リーグ   広島10-2巨人 ( 2021年5月19日    東京D )

<巨・広(11)>6回無死満塁、左前に勝ち越しの2点適時打を放つ中村奨。投手・高橋(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 【野村謙二郎 視点】苦しい状況で勢いを生んだのは、中村奨だ。打席内でも落ち着きがあり、特に入ってくる球に対しては力強く振れるようになった。チームとして今季は好機で1本が出ないことが多い中、同点の場面でよく結果を出した。

 1軍では初めて捕手を務め、経験のある九里に引っ張ってもらった。絶好調のウィーラーを封じたことも自信にしていい。初回は5球連続の内角球で詰まらせて三邪飛。3球目を投げる前には九里がサインに首を振り、内角攻めを貫いたことが以降の打席にもつながった。内外角に散らすのではなく、内角への出し入れ。最後までマスクをかぶったことも含めて、いい勉強、いい経験になった。

 5回の羽月は1、2球目の直球見送りが示すように左腕・高橋のスライダーをマーク。追い込まれてからも内角直球をファウルで逃げ、スライダーを同点打にした。6回の広輔も左腕・大江のスライダーを狙い打ち。いずれも配球を読んだ一打で、素晴らしかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年5月20日のニュース