巨人6年ぶり屈辱…6回一挙9失点 先発・高橋は今季初黒星

[ 2021年5月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―10広島 ( 2021年5月19日    東京D )

<巨・広>力投する高橋
Photo By スポニチ

 巨人は6回に一挙9失点。1イニング9失点以上は15年5月5日に同じ広島に初回10失点して以来6年ぶりの屈辱となり、原監督は「6回が全てでしょうね。4投手で何とか防ごうと思いましたけど、防げなかった」と話した。

 先発の高橋は球団の左腕で史上初めて先発での開幕6連勝を目指したが、1―1の6回に中村奨に勝ち越し打を浴びて今季初黒星。3番手の田中豊は左脚の異常を訴えて6球で降板し、緊急登板の井納はクロンに満塁弾を浴びた。ここ4試合のうち3試合で被弾しており、宮本投手チーフコーチは「代わりばなにやられている」と井納と田中豊の2軍降格を明言した。中継ぎ陣の整備は急務で、米国の市民権取得手続きのため一時渡米した守護神のデラロサと桜井が昇格する。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月20日のニュース