広島 “逆打ち”徹底キャンプ開幕 誠也でも右に右に! フリー打撃の半数が逆方向

[ 2021年2月1日 15:18 ]

<広島キャンプ>練習開始前にあいさつするキャプテンの鈴木誠 (撮影・奥 調)=1日、沖縄・コザ
Photo By スポニチ

 広島は1日、今季のテーマに掲げる「つなぎの野球」を実践すべく、春季キャンプ初日からフリー打撃では逆方向の打球が大半を占めた。

 秋季練習に参加した選手はすでに体験済み。中軸を担う鈴木誠也外野手(26)も例外ではなく、69スイング中34本が中堅から右方向への打球だった。

 佐々岡監督は春季キャンプを前に「秋に徹底した右打ちなど、状況を想定した練習をやっていくことになる。走者を進めて、進めて1点を取るという打撃がポイントになるだろう。それはやはり昨年あと1点が、ここで1本が出なかったことが響いたこともある。そこは徹底してやっていたいと思います」と思い描いていた。早速、「つなぎの攻撃」を見据えた練習内容となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年2月1日のニュース