大阪シティ信用金庫、13年ぶりVへ4強進出 松岡「丁寧に」6安打完封

[ 2019年9月17日 05:30 ]

スポニチ主催天皇賜杯第74回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント第3日   大阪シティ信用金庫6―0北上信用金庫 ( 2019年9月16日    松本市野球場ほか )

<北上信用金庫・大阪シティ信用金庫>完封勝利の松岡(中央)
Photo By スポニチ

 大阪シティ信用金庫は6―0と力の差を見せつけ7年ぶりの4強だ。

 前日の3回戦で前年覇者の京葉銀行に勝利した北上信用金庫(岩手)相手に6安打完封の先発・松岡は「丁寧に両コーナーを意識して投げられた。先制点をもらい気持ち的にも楽でした」。ここまで4試合中3試合に登板、25イニングで失点1のエースに谷林昭佳監督も「ピンチでも安心して見ていられる」と全幅の信頼。13年ぶりの天皇賜杯獲得へ加速した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース